事例紹介

実際にUJIターンを実行された事例をご紹介します。


リタイヤ後、Jターンで山口県で第2の人生を選択された茅島正毅さん(64歳)

農家住宅(農機具付)と農地を購入

山口県防府市大字鈴屋
◎宅地:667.18㎡ 農地:5,980㎡
◎建物:木造瓦葺平家建 母屋 141.24㎡ 納屋 105.55㎡


島根県出身、海上保安庁勤務で転勤を繰り返し日本の海岸を知り尽くす。そんな茅島さんが定年後に住みたいと思ったのが、出身地の日本海ではなく瀬戸内海の温暖な海辺の街。60歳定年後は田舎暮らしを希望、定年の数年前から物件探しを始められました。
ホームページで物件探しをされていたら当社ホームページで現在の物件に目が留まり、平成20年春頃に来店されました。


最初は休みのたびに来店、物件や土地柄をチェックされ、じっくり検討の結果、平成20年7月に売買契約を締結しました。
契約決済までの間、有限会社スナハラでは農地約6反(5,980㎡)の農地転用3条申請等への支援を行いました。
平成20年9月に物件引渡し、その後は茅島さんの仕事上の都合により盆・正月等に来られて農地の管理をするという生活が続きました。

平成24年春、仕事も一区切りついたので完全に転居移住されました。
現在は今までの転勤先で集められた珍しい果樹や野菜の苗を約2.3反(2,383㎡)の畑で耕作されています。
まずは春野菜の栽培などで成果を上げ、今では市内の生産者直売所へ出品されています。
売れ行きはまずまず、好調のようです。



初の稲作に挑戦


そしていよいよ今年は初の稲作へ挑戦。
新潟より持ち帰られたコシヒカリをまずは3反くらいに、現在ブランド売出し中の「笑顔米(http://egaomai.com)」栽培基準を踏襲し、作付けされる予定です。



本格的な農作業は初めてですが、苗の育て方、農機具の使い方などについてもスナハラをはじめとする農機具販売店や地元の農家さんの支援を受けながら、なんとか頑張っておられます。



季節と共に生きる、「晴耕雨読」の日々


家の周りもすっかり片付き、とても過ごしやすい環境になりました。
秋にはたくさんのおいしいお米が収穫できる予定です。
だんだんと農作業にも手ごたえを感じ、季節と共に生きる、「晴耕雨読」の日々がなんとも心地よく感じておられます。
ますます生き生きと若々しくなられた茅島さんの事例でした。

※結果は見事な「はぜかけ米」として収穫出来ました!!



定年後の準備 平成19年購入 Kさん


古民家・田んぼ・山林 山口県山口市徳地
・宅地:492.91㎡ ・田:4409㎡ ・山林:2,033㎡
・建物:木造鋼板平家建
 母屋 107.43㎡ 納屋 50.57㎡
※現在、改装されて自家野菜を使うこだわりのお店を計画中!!

IT関係から転職 平成21年購入 Fさん


木造平家住宅と畑のある広い敷地 山口県防府市奈美
・宅地:576.60㎡
・建物:木造瓦葺平家建 69.32㎡
※平成23年に近隣の”田んぼ”5,000㎡を購入し、新規就農を実現!!
 こだわりの野菜作りに挑戦中!!


愛知県からUターン 平成21年購入 Oさん


地松使用の和風住宅 農舎・農地・山林 山口県防府市鈴屋
・宅地:680.88㎡ ・田:6,032㎡ ・山林:15,867㎡
・建物:木造瓦葺平家建
 母屋 112㎡ 農舎:100㎡
※新規就農を果たされ耕作中!!


有限会社スナハラでは単に物件を引き渡したら終わりではなく、その後の就農支援もきちんとサポートしております。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00)

電話番号:0835-36-1178